司法書士法人先輩の声-Yさん

きめこまやかに素早く上手に対応することを心がけ、誰もが認める優秀な女性補助者。

Q1.司法書士法人入社に至るまでをお聞かせください

写真1

法学部で学んでいましたので、勉強したことを活かすことができる法律関係の仕事に就きたいと考えていました。大学4年の就職活動のときに、大学の先輩から教えてもらった東京司法書士会の求職情報に登録。その後すぐに東京事務所の代表者よりお電話いただいたことを覚えています。スタッフの方々の応対がとても良い印象だったこともあり、他の企業様ではなくこちらでお世話になることになりました。

Q2.現在の主な仕事内容とやりがいを感じた仕事をお聞かせ下さい

わかりやすく丁寧にご説明することを心がけ、お客様に喜んで頂いたときはとても嬉しかったです。

新築マンション、新築戸建の登記を中心に様々な業務をおこないます。お客様と接することも多く、不動産デベロッパー様などとのやりとりが多いです。

依頼された業務をきちんとやり遂げることは当然のことなのですが、お客様に喜んでいただけたときはやりがいを感じます。私はお客様に登記の書類などのご説明をすることが多いのですが、登記そのものや、司法書士という職業になじみのない方が多くいらっしゃいますので、なるべくわかりやすい言葉で丁寧にご説明することを心がけています。「書類を見たときは難しい専門用語ばかりで理解できなかったけど、すごくわかりやすく説明してくれてありがとう。これからも宜しくお願いします。」と仰っていただいたときはとてもうれしかったです。

補助者の1日のタイムスケジュールを教えください

AM

AM1 8:00 出社
AM2 8:30 全体朝礼
AM3 8:40 マンション業務等に関する書類準備・発送など事務所内での作業を主に

PM

PM1 12:00 昼食
PM2 13:00~ 書類の準備、補助者の仕事の割り振りやサポートなどもおこなう
PM3 18:30 退社
PM4 19:30~ 帰宅 友人と食事や買い物など

Q3.柴山コンサルタント司法書士法人に入った理由をお聞かせ下さい

事務所の代表者をはじめスタッフの方々の人柄が良かったことや、オフィス全体に仕事がやりやすそうな良い雰囲気が強く感じられたことが決め手になりました。実際に入社してみると、業務内容に応じて担当者が自由な裁量で仕事を進めることができること、仕事を任せてもらえる社風、良い人が多いなど予想通りの働きやすい環境でした。

応募を検討されている方へのメッセージ

東京事務所では、名古屋事務所に比べて人数が多くないこともあって様々な分野に携わることができます。覚えることも多いですが、経験を積むことは自分の将来にとってプラスになるはずです。また、分業制ではなく受注から完了までを各担当がおこないます。全体像を把握して仕事ができるので、自分で問題点を改善しながら業務に取り組むことができます。事務所内には特に厳しい上下関係もありませんので、よい雰囲気の中で仕事ができます。仕事は入社してから覚えてもらえばいいと思うので経験・未経験はあまり関係ないと思います。法律の仕事に興味がある方でコミュニケーションが上手にできる方はぜひ応募ください。

写真2

柴山コンサルタント司法書士法人では、採用に関するお問合せを承っております。

採用に関するご質問はお電話にてお気軽に問合せください

名古屋・東京ともに:052-961-1211

(担当:佐藤)

PageTop