司法書士先輩の声-Sさん

常に向上心を持ち続け、信頼関係の構築とファン作りを追求する。心優しき代表社員・司法書士。

Q1.司法書士法人入社に至るまでをお聞かせください

写真1

楽器会社で製品開発や特許業務をおこなっていました。司法書士試験には1992年(平成4年)に合格していましたので、転職を考えたときに人材紹介会社に紹介を受けたこの事務所に入ることになりました。

【関連資格】
  • 土地家屋調査士
  • 測量士(登録済)
  • 宅地建物取引主任者
  • 行政書士(未登録)

Q2.現在の主な仕事内容とやりがいを感じた仕事をお聞かせ下さい

お客様にご満足いただき、別の機会で再度ご依頼を受けたときにやりがいを感じます。

司法書士業務と同時に土地家屋調査士業務をしています。司法書士業務では、不動産売買や決済、ローン契約、成年後見、相続などの業務をおこなっています。

お客様は不安な気持ちをもって大事な売買取引やローン契約、相続等を依頼されます。お客様とお会いして手続きについてご説明を重ね、手続きを進めていくに従って、最初は不安で一杯だったお客様が徐々に安心した表情にかわっていくことが分かります。そしてご満足いただけたお客様から再度別の機会でご相談やご依頼を受けたときにはやりがいを感じます。

司法書士の1日のタイムスケジュールを教えください

AM

AM1 6:00 会社の近くで食事
AM2 7:00頃 出社 配達準備など
AM3 8:30 朝礼
AM4 8:40~ 書類の最終チェックなど
AM5 10:00頃 お客様訪問(決済手続・立合)

PM

PM1 12:00頃 昼食
PM2 13:00~ 配達などの業務(土地家屋調査士として)
PM3 15:00~ 書類のチェックや指示など
PM4 19:30~ 退社
その後は、フィットネスジムに行き汗を流し食事後に帰宅

Q3.柴山コンサルタント司法書士法人に入った理由をお聞かせ下さい

面接でお会いした方々が紳士的でとても良い印象でした。東京事務所を立ち上げることができたのも、資格者よりも優秀な補助者の方が多くいらっしゃったおかげです。柴山コンサルタント司法書士法人は補助者の方々のおかげで成り立っていると言っても過言ではないぐらい素晴らしい方々が在籍しています。仕事に関する多くのことを教えていただくと同時に、人間を磨くことができる貴重な事務所です。

応募を検討されている方へのメッセージ

会社にとってはお客様の信用が財産です。日々の業務のなかで、お客様からの信頼を得られるように接客技術の改善を続けることや、お客様のご要望に応えられるように専門技術・専門知識、人間性を磨き続けることがサービスの向上につながっていきます。

そして、経験豊富な先輩が揃っていますので、先輩とともに仕事をする中で自分を磨いてお客様の信頼を勝ち取ってください。司法書士の世界は有資格者・補助者を問わず修行の連続です、黒子に徹して縁の下の力持ちのような振る舞いができる向上心のある方をお待ちしています。

写真2

柴山コンサルタント司法書士法人では、採用に関するお問合せを承っております。

採用に関するご質問はお電話にてお気軽に問合せください

名古屋・東京ともに:052-961-1211

(担当:佐藤)

PageTop